話題の動脈瘤をまとめて検証してみましょう

###Site Name###

動脈瘤とは、動脈にできた袋ですが、血管の一部が伸びて、風船のように見えることを言います。
これは脳、心臓、下肢など、私たちの体の動脈にどこでも起こることがあります。


しかし、最も一般的になるところは、大動脈です。

大動脈の一部が、通常の直径の1.5倍以上に伸びた状態を大動脈瘤といいます。

大部分( 75 % )は、腹部大動脈にでき、25 %程度は胸部大動脈にできます。

この病気が生じる原因で最も重要なことは、動脈硬化症です。そのほか、外傷、遺伝、動脈炎、先天性奇形、梅毒、真菌感染症などが原因となります。


症状は発生部位と原因によって異なります。胸部大動脈瘤の最も一般的な症状は、肩、腰、首、またはお腹の痛みです。
時々首や腕が腫れたり、気道を押して、乾いた咳をしたり、声帯を動かす神経を押して、声が変わったり、食道を押して、食べ物をよく飲み込むことができなかったりします。

腹部大動脈瘤のほとんどは症状がありません。


したがって、70〜80 %の患者が症状を感じずに過ごして、定期検診や他の病気で診察を受けて偶然に発見される場合が多いです。

症状が現れた時には腹、脇腹、腰などに痛みが生じ、お腹の中で脈動するしこりが触れる場合が、最も一般的です。

腹部大動脈瘤が周囲の臓器を押した場合には、少し食べてもお腹がふくれるようになり、吐き気、嘔吐などが現れ、場合によっては尿管を押して、尿管の一部閉鎖による症状が現れることもあります。


動脈瘤に有効な知識の紹介です。

可児市 矯正歯科の新しい魅力を紹介します。

審美歯科 東京 比較が気になる方はこちらへご来訪下さい。